M.ダックス Z☆R☆R(3)

ゼット&リブ&ローズ 3ダックス+夫婦の喜怒哀楽な日常を綴っています。

Entries

悩む。

3月27日投稿 「 愛すべきブサめん 」 でアップした ローズの6月歯石除去事案。


ワンコの全身麻酔による歯石除去に賛否両論・・・というか 色々な考え方があるというのは知っています。

でもウチは全身麻酔を選んできました。

ワンコの歯事情に どこまで飼い主が手を入れるのか。

全身麻酔というのはそれほど危険が伴うのか。

人間でもワンコでも麻酔ってのは危険が伴うのは周知の事実。


ron1.jpg


あたしは麻酔が効きにくい体質で 全身麻酔は一度しかなく その時は順調に終わりましたが。

その後別の事案で二度の静脈麻酔で現実と非現実の境で 自分がブロックになって塀の一部になって覚醒したり 麻酔中に叫んだりしたそうで。

二度とも麻酔科の先生を呼び 限界ギリギリの麻酔量を追加したそうです。




ワンコが高度医療を受けようと思うと 全身麻酔を受ける確立は高いと思います。

そこはある意味しょうがないのか・・・しょうがないのだろうと思います。

高度な医療を施すにあたり 獣医さんはどれだけの知識と経験 そして聞く耳を持つ技量があるのだろうか。

高度な医療に対して 技術を技量を経験を伴っているのだろうか。

この一年 自分のワンコが経験して実感しました。


極端な話 飼い主が納得できるような説明があってもなくても 全ては飼い主の自己責任 ある程度の知識を持って受診し 判断と決断を自らしなきゃいけない と改めて実感しました。

そして旦那と相談した結果 3ワンコが落ち着いた今 古巣の掛かりつけ医に戻りました。



そして 3月の記事を上げた後 メールをいただきました。

8~9年前に数ヶ月交流をさせて頂きましたが ブログがストップされたブロ友さんから 歯石除去に伴う訃報でした。

数年前のお話でした。


ローズは10歳。完璧に高齢。

ron2.jpg


でも歯は非常にヤバイ状態。

でも噛むことに痛がっていない。

でもちょくちょく前足で歯を掻いている。

きっとまずい。

獣医さんからも警告を頂いている。

ヘルニア発症時に歯磨きを怠ったのが 致命的となりました。

もう抜歯を免れない。見た目で分かる。

でも・・・今の心境は正直怖い。もしも・・・

そして6月は今日で終わる。

7月は3ワンコ揃って8種混合の予防接種。

パピーの頃からお世話になり 毎年検診を受けてきた獣医さん。

その時に相談し そして腹をくくろう。

インフォームド・コンセントをしっかりと受けて。



やっぱり怖い。
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

左サイドMenu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

   只今のお客様♪:

プロフィール

ひまり

Author:ひまり
居住地:岡山県
血液型:O型

ひまり組紹介

ゼット(♂)2005.1.16生 長男        リブ(♀)2005.3.12生 長女           ローズ(♀)2006.4.24生 次女         <旧ブログ>          ☆2006/1.17~2008/5.29        「 M.ダックス Z☆R☆Rのわんぱく日記 」                         ☆2008/6.1~2009/9.28                        「 M.ダックス Z☆R☆R 」 にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

最新記事

頂きました♪

ネコ娘さんより♪ ノセノセ三段 ノセノセ準三段 ノセノセ二段 ノセノセ三級                  プーナナままさんより♪ ランショット1 ランショット2 ランショット3              ゆみままさんより♪ ゆみままさん

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード