M.ダックス Z☆R☆R(3)

ゼット&リブ&ローズ 3ダックス+夫婦の喜怒哀楽な日常を綴っています。

Entries

やっと。

今年の6月 職場で色々色々あって。。。


8年越しでようやく希望通りの勤務になり ニートちっくを満喫しているひまりです。


ワンコ達も老犬の域に入り 何があってもおかしくない。

そんな中 何かあった時に対応出来ん勤務体制ではやっとれん。


旦那からも 「 パートなのにそんな無茶な勤務 もうええ加減にしとけよっ 」 て言われた事も職場に伝え その結果・・・


ようやく基本週三日3~4時間の隙間パートのお局勤務となっております。

いつの間にか一番勤務年数が長くなってんのよね なぜか。


1005.jpg



でもゆっくりとした毎日を送れているせいか あたしの体調も気力も徐々に回復中。

ワンコの毎朝の歯磨きも苦じゃなくなったし 散髪も元通り自分で出来るようになりました。


1ワンに一言話掛けると 他の2ワンにも必ず同じように話しかける。

それがあたしのスタイル。

なぜならその一言を発する事で みんな一斉にこっちを見てるから。


一時はそれもしんどくて 話しかける回数が減っていました。


自分達が望んで迎えた3ワンコ。

それなのに自分の都合で寂しい思いをさせているんじゃないか・・・。

ワンコのストレスが気に掛かると共に・・・

自分にとってもワンコのあれやあれやこれやのお世話が手抜きになっている事が ストレスとなっていました。

100501.jpg


今はまたゆっくりとワンコに接する気持ちの余裕が出来ました。

旦那に感謝しつつ 今をのんびりと楽しみたい。




ゼットさんは今日頑張ったんだよね お手入れ。


爪切りと足裏パット&〇ン毛と腹毛のカットをしたけど 結果の披露を拒否っとります。


100502.jpg


年寄りじゃけん 許す。

完治。

7月19日 マイボーム腺腫の手術をしたゼット。


10日後の抜糸の際 くっついていないという 稀に見るアクシデントに見舞われ・・・。


緊急全身麻酔により 再手術。


大した手術じゃないはずが 一ヶ月のエリカラ生活を強いられたゼット。


kuttu1.jpg



8月19日 晴れて完治しました。


kuttu2.jpg



良かった。


エリカラ生活でフードも自分では食べられず 不便な生活の中 ゼットは本当によく頑張ってくれた。


さすがゼットじゃ。

よく頑張った。良かった。




今日はゼット&ローズのグルコサミンを買ってきたぞ。


kuttu3.jpg


あたしの安心のお守り グルコサミン。


動物病院のみ取り扱いのこちらの一品。

効果も立証されているそうで 現にゼットの関節のパキパキ音がなくなりました。


整腸剤にしてもグルコサミンにしても 獣医さんによっては人間の物でも良い・・・という見識を聞きます。

でも何でも飲ませればいい と言うものではないそうで。


ワンコにはワンコに対しての配合がある と。

二つの病院で言われました。


一見 ただの儲け主義に聞こえるかもしれないけれど。


溢れる情報の中で 儲け主義とは思えない病院での見識。


納得しました。



そしてゼット&ローズのヘルニア再発は今のところ一度もありません。

ヘルニアに関しては 行動範囲の部屋を滑りにくくする事とソファの撤去等々 なるべく段差の行動領域を少なくするようにしているので サプリの効果は計り知れないけれど。

一日でも長く自分の足で歩いて欲しい という思いだけ。


ワンコのサプリは2ヶ月で1万ちょい。

あたしのサプリは2ヶ月で4千円


ちなみにあたし達の歯磨き粉は1個298円。

ワンコの歯磨き粉は1個1600円ちょい。




kuttu4.jpg



と サプリの効能を実感した事のない 痛みに強い旦那が申しております。納得。

抜糸の結果。

7月29日(土) 午前 10日間のエリカラ生活を経て ゼット無事抜糸。

今月は8種混合ワクチン接種月だったので ひまり家総出で動物病院へ。


そして夕方。

旦那があたしを呼ぶ。

それ おえんやつじゃがなっていう声色で。


ギクっとしながら 「 どしたん? 」




結果 ゼットの切除痕がパックリ三角形に割れとる。


くっついとったはずなのに 意味分からん。



ちょうど病院は午後診が始まったばっかりの時間じゃったけん 速攻電話し 速攻連れていく。



結果 緊急手術。



パックリ開いた傷口は完全に乾いていて 開いたまま治ったって感じ。

素人のあたしが見てもわかる。


一針縫ってエリカラはめて過ごした10日間は 全くもって無駄な時間じゃったって事となりました。



戸惑いを隠せない先生達。

原因は不明。


ただ 今の状態では良くないので これからすぐに全身麻酔で再度縫わせてくれ と。

もちろん無料でさせて頂きます と。


そして待つこと40分。

手術室に呼ばれ ゼットがまだ眠っている中 色々な説明を受けました。


納得しました。


最初の手術で 綺麗な三角形でマイボーム腺種を切り取ってくれ きちんと縫合されているのも分かっています。

そしてあたし達も術後 例えゼットのストレスになったとしても 最大限ケアをして抜糸まできっちりとやってきた という自負があります。



それでもこうなった。


どちらのミスでもない。

こういう結果もあるのだ と思いました。


ただ 絶食もせずの全身麻酔。

そして午前には8種混合ワクチンも接種。

ゼットはちゃんと目覚めてくれるんじゃろうか。

待っとる間 そればっかり考えていました。



そして先生達もこの結果を踏まえて かなり慎重になられたようで。

一針縫合のところを今回は二針。

抜糸は10日後だったところが3週間後になり とりあえず一週間後くらいに一度様子を見させて欲しい という事となりました。



色々と相談に乗って頂ける先生達なので  エリカラを付けたゼットのストレスがほんまに可哀そうで どうにか・・・と訴えたけれど。

こちらの気持ちを汲みながら 思いやって頂きながら  「 どうにか頑張って欲しい 」  と言われ・・・。


ゼットに頑張ってもらう為に 最大限のケアをしていこうという気持ちになれました。


傷口がくっついていなかったことは もうどうしようもないこと。

次回はきっとくっついてくれているはず。


大した手術じゃないはずが 大層な事となってしまいました。


でもゼットが今 家で寛いで過ごしてくれているので良しっ


心配していたエリカラ生活も慣れた様子で すっかり元気いっぱいのいつも通りのゼットになっているので良しっ


こんな状態なので ゼットの歯磨きは無しにしようと思っていたのに・・・

エリカラ付けたままあたしの股間に頭から突っ込んできて 歯磨き催促するけん良し良しっ


とにか今度はくっついてくれ 傷口。

頼む。

左サイドMenu

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

   只今のお客様♪:

プロフィール

ひまり

Author:ひまり
居住地:岡山県
血液型:O型

ひまり組紹介

ゼット(♂)2005.1.16生 長男        リブ(♀)2005.3.12生 長女           ローズ(♀)2006.4.24生 次女         <旧ブログ>          ☆2006/1.17~2008/5.29        「 M.ダックス Z☆R☆Rのわんぱく日記 」                         ☆2008/6.1~2009/9.28                        「 M.ダックス Z☆R☆R 」 にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

最新記事

頂きました♪

ネコ娘さんより♪ ノセノセ三段 ノセノセ準三段 ノセノセ二段 ノセノセ三級                  プーナナままさんより♪ ランショット1 ランショット2 ランショット3              ゆみままさんより♪ ゆみままさん

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード